子チェーンとサイドチェーン

サイドチェーンは、現代のブロックチェーンプラットフォームについて語る際によく聞かれる言葉です。しかし正確にはどのようなもので、Ardor子チェーンの独特なところはどのような点でしょう?この表には、子チェーンとサイドチェーンの概念の主な違いが表されています。

  Side Chains Ardor Child Chains
構造 サイドチェーンとは、一種の 「ペッグメカニズム」 を持った独立したブロックチェーンです。チェーン(メインチェーンとサイドチェーン)の少なくとも1つは他のチェーンを 「認識」 しており、両方のトークンが固定比率でペッグされています。サイドチェーンは独自のネットワークセキュリティとブロック処理を必要とします。 Ardorプラットフォームの 「子チェーン」 は、メインのArdor親チェーンにしっかりと統合されています。すべてのトランザクションは親チェーン鋳造者によって処理・保護されます。トランザクションを定期的にブロックチェーンから削除することでブロックチェーンの肥大化を大幅に削減するために、子チェーントランザクションで削除が有効になるでしょう。
機能 メインチェーントークンのロックとアンロックの間で実行されるトランザクションは、メインチェーンを膨らませません。サイドチェーンの技術がメインチェーンに接続されているので、メインチェーンの開発を構築したり、新しい機能を市場に提供したりするために使われる可能性があります。 親チェーンが最小限の機能を保持するため、子チェーンは親子アーキテクチャのトランザクションチェーンとして機能します。
リスク サイドチェーンは自らの安全を保障する責任があり、安全確保のための十分なマイニングパワーがなければ攻撃を受ける可能性があります。 すべての子チェーンが安全であるほどの十分な鋳造力を親チェーンが持っている限り、子チェーンは自身の安全をArdor親チェーンに依存します。
利点 ・メインチェーンが信用を落とした場合、そのペッグは有意な価値を失う可能性がありますが、サイドチェーンは依然として機能することができます。 ・セキュリティはArdor親チェーンによって提供されるため、すべての子チェーンが協力して同じネットワークを保護します。
・子チェーンは、資産や通貨などの同じグローバルエンティティにアクセスできます。
・子チェーントークンはブロックチェーン上で確実に取引できます。
・シンプルなセットアップ(ブロックチェーン開発スキルは不要)。
・複数の機能がプリインストールされています(必要に応じて起動時に無効にすることができます)。
使用事例 ・メインチェーン開発のためのステージング
・現実的なテストネット(リスクのある資金)
・半中央化チェーン
・ペッグされたチェーン
・ペッグされたチェーン
・サービスソリューションとしてのシンプルなブロックチェーン
・半プライベートブロックチェーン
・プロトタイピングと研究
実装 初期の設計は2014年にBlockstreamによって公開されましたが、BitcoinでSPV証明をネイティブサポートしていないために実装がブロックされています(まったく追加されない可能性あり)。 Rootstockは非中央集権化を犠牲にしてこれを回避します(まだ未実装)。 Jeluridaによって作成されたArdorプラットフォームは、子チェーンの概念を提案し実装した最初プラットフォームです。すでにtestnet上で稼動しており、Ardor本番環境の開始は2017年の第4四半期に予定されています。